読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Obsolete Recommendationという話

やや旧聞だが、W3C Process Documentが2017年3月1日付けで更新されている。

World Wide Web Consortium Process Document 1 March 2017
https://www.w3.org/2017/Process-20170301/

前回更新されたのが2015年9月で約1年半ぶりの更新。ポイントについてはW3C Blogの

What’s new in the W3C Process 2017? | W3C Blog
https://www.w3.org/blog/2017/03/whats-new-in-the-w3c-process-2017/

に記載されているとおり、Recommendationとなった文書について改訂するプロセスを簡素化したのと、ブログエントリーのタイトルにもあるObsolete Recommendationというステータスが追加されたというアナウンスがされている。

このステータスがどういうものなのかについては、Obsoleting and Rescinding W3C Specificationsに若干説明されており、1つはもはやベストプラクティスを示さなくなったものが当てはまる、とされている。その意味ではhistoricalに若干近いんだろうか。

このステータスの発行をリクエストできるのは、勧告を作成または維持しているWorking Groupのほかにいろいろとあって、どうやら個人でもWorking Groupにリクエストできるらしいが、いずれにせよなにがしかのRecommendationが実際にObsolete Recommendationになるのを見てみないと何とも言えない、というのはあるのかなと。