EPUB Accessibility 1.1のちょっとしたメモ

EPUB Accessibility 1.1について気が向いたので少しだけ読んでみたんですけど、首をかしげる箇所があったという話。ちなみに、これを書いてたときに読んだのは以下のURLです。
https://www.w3.org/TR/2021/WD-epub-a11y-11-20211029/

EPUB Accessibility 1.1については、FRWD(2021年2月ぐらい)を底本にしている日本語訳が役に立つのかもしれません。
https://japan-daisy-consortium.github.io/translations/epub-specs/epub33/a11y/

Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0も役に立つはず、というかめんどっちいのでWCAG2は日本語訳を引いてきてます。

で、3.3.1 WCAG Conformance Requirementsという本仕様の本丸だろう箇所なのですけども、

To conform to this specification, an EPUB Publication:

MUST meet the requirements of WCAG 2.0 [WCAG20], but it is strongly RECOMMENDED that it meet the requirements of the latest recommended version of WCAG 2.

MUST meet the requirements of Level A, but it is strongly RECOMMENDED that it meet the requirements of Level AA [WCAG2].

とあり。ここでまず、requirementsが何を指しているのかが少し曖昧だと思ってて、おそらく適合要件(Conformance Requirements)のことだと思うのだけれども、いまいち確証がなかったり。最新版(WCAG2で最新の勧告)を満たすことが推奨されているんですけれども、WCAG2シリーズでここが変わったらそれはもはやWCAG2ではないと思うので、このように書く意図がよくわからないな、と。

それから、Level Aとだけ書かれているわけですが、まあこれは適合レベル(Conformance Level)のレベルAという認識でよいとしても、[WCAG20]ではなくて、[WCAG2]を指しているのは問題かもしれません。WCAG2はWCAG 2.0とWCAG 2.0の後続のWCAG 2.1があって、さらにWCAG 2.1の後続のWCAG 2.2が勧告にむけて策定中だったり1するわけですけど、この行を素直に解釈すると、WCAG 2.1のレベルAを満たさなければならない、と読めるわけです。ただ、直前の段落ではWCAG 2.0と明示しているので、WCAG 2.0のレベルAと解釈するのがよさそうではあります。

ただし、これについては、後続の段落で、

This specification sets the baseline requirement to WCAG 2.0 Level A

とあるので、[WCAG20]と解釈するのが妥当そうです。しかしながら、WCAG 2.0レベルAだとすると、WCAG 2.1レベルAとしてWCAG 2.0から追加された達成基準(success criteria)はどうするんでしょう、という別の疑問がわいてきます。WCAG 2.1レベルAがMUSTだとすると、直前の段落の規定と矛盾してきそうですが、もしかしたら私が読み違えているだけなのかもしれません。

ちなみに、Member SubmissionのEPUB Accessibility 1.0 - 2.2 Accessible EPUB Publicationsでは、

An EPUB Publication must meet the following criteria to be accessible per this specification: (中略) It must meet the requirements for [WCAG 2.0] conformance defined in WCAG Conformance Requirements.

とだけ書いてあるので、混乱することなく安全安心ですね。


ところで、4. Optimized Publicationsというセクションがあります。これはnon-normativeということですので、規定の一部ではないわけですが、

Although WCAG [WCAG2] provides a general set of guidelines for making content broadly accessible, conformant content is not always optimal for specific user groups. Conversely, content optimized for a specific need or reading modality is often not conformant to WCAG exactly because it targets a specific audience.

ここは英語を読むのがめんどっちいので、EPUBの日本語訳を引きますと、

WCAG [WCAG2] は、コンテンツを広くアクセシブルにするための一般的なガイドラインのセットを提供するが、適合するコンテンツが必ずしも特定のユーザー グループにとって最適であるとは限らない。逆に、特定のニーズや読書モダリティに最適化されたコンテンツは、幅広いユーザーのために設計されてないので、WCAG に適合していないことが多い。

とまあ、そういうこともあるよねぇ…とさらっと目を通したんですけども、このセクションではWCAG2の適合している代替版 (conforming alternate version)の話が出てこなかったりしました。どういうEPUB出版物を想定しているのかあんまりわからないですが、適合している代替版さえあればオッケーとか書かないのは、WCAG2と矛盾しそうな気もしますが、どんなもんでしょうか。

まあ、規定じゃないからいいか…と言いたいところなのですけども、日本語訳の底本であるFPWDではnon-normativeとは書いてないので規定ということになりますし、なんならEPUB Accessibility 1.0 - 5.Optimized Publicationsでもnon-normativeとは書いてないので規定ということになります。地味に怖いですね。

なお、EPUB accessibilityがISO/IEC 23761として公開 | kzakzaということで、だいたいEPUB Accessibility 1.0がISO/IEC 23761:2021みたいですけども、これがJISになって降ってくることが決まってます(EPUBアクセシビリティJIS原案作成委員会の発足)。

特にオチはありませんが、今日はこのあたりで。


  1. TPAC 2021とCRに進むのがどっちが早いかなと思ってたら、やっぱりTPACのほうが早かった

笑えない「サイト接続のコンプラ問題」、The Valuable 500とアクセシビリティと。

小室圭さん、米NY州弁護士会の論文コンペで優勝…「サイト接続のコンプラ問題」 https://www.yomiuri.co.jp/national/20211022-OYT1T50167/

くだんの論文のタイトルは“Compliance Problems in Website Accessibility and Implications for Entrepreneurs”で、まあアクセシビリティなわけなんですけれども、ここで読売新聞で「接続」と来ました。

用語を呼んでもらえなかったのはいざ知らず、不正確な漢語を当てられてしまった2021年の秋、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、世界経済フォーラム、まあダボス会議と呼んだほうがしっくりくるのかもしれませんが、2019年のダボス会議でThe Valuable 500(V500とも略される)というものが発足しました。それはなんぞやという説明ですが日本財団のプレスリリースいわく、

V500は、2019年1月に開催された世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で発足した、障害者が社会、ビジネス、経済における潜在的な価値を発揮できるような改革を、世界500社のビジネスリーダーが起こすことを目的とした、世界的なネットワーク組織です。

とあります。ここには署名した日本企業の39社も書かれているんですが、どうやら読売新聞東京本社も参加しているとのこと。ちなみに、読売新聞オンラインは、読売新聞東京本社が運営しているらしいです。出典: Wikipedia

ところでアクセシビリティという言葉ですけれども、アクセシビリティ(accessibility)とは - IT用語辞典 e-Wordsいわく、

高齢や障害、病気などで運動・視聴覚機能に制約があっても、機器やソフトウェアの操作、情報の入手、利用などが可能である状態を意味する。

とあります。まあV500の言うところの障害者と関わりのある言葉というわけですね、はい。

報道機関としてこれまでに、新聞報道を通じて障害者福祉制度の在り方、社会が取り組むべき課題などを幅広く問いかけ、障害者に優しい社会の実現に向けて啓発を続けてきましたが、さらに推進していきます。

読売新聞東京本社はThe Valuable 500のコミットメントというものを出しております。

まあ世間の注目も「人」にありますし、障害者というところに縁遠い報道ではあるわけなんですけれども、神は細部に宿るとも言うわけでして、そういったところに気を配ってもらいたかったなあ…とまあそんな感じです。