WCAG 2.2の策定作業が始まっていた

年度末であまりチェックしていなかった隙に、WCAG 2.2の策定開始作業のコンセンサスが取られていた模様。
WikiのページWCAG 2.2 working processからは、ahrer="https://docs.google.com/spreadsheets/d/11ikqjrfvkrd2dafuiyc5whhb3yiyxvsiirwct7kqib0/edit#gid=0"Potential WCAG 2.2 SCsという名前のGoogleスプレッドシートへのリンクが張られている。どうやら他のタスクフォース等の要求事項一覧らしく、新しく達成基準が増えるとすれば、ここからということになるのだろうか。GitHubのissueではWCAG 2.2のラベルが既に作成されており、議論を俯瞰することもできる。

WCAGの新たな達成基準策定となると、これでまたUnderstanding/Techniquesへのリソースが削がれてしまうのかもしれない。それ以上に、WCAG 2.1の勧告から半年以上経ってもUnderstanding/Techniquesは依然としてTRの配下になく、もうTRの配下に置く気がないのでは?という予感もしてきている。